• jun.u

the oort cloud  オールトの雲

ヤン・オールト (jan hendrik oort)、オランダの天文学者で天体物理学者、銀河系の渦巻き構造を明らかにして、彗星の源としてオールトの雲の存在を提唱したことで知られる人です。

オールトの雲とは太陽から1光年ほどの遠く離れたところにある星雲のことです。彗星の核が帯状に貯蔵されていて時々近くの星の引力の影響を受けたものが太陽に近づいてきて彗星となるという説を述べました。この仮想的な彗星の母胎雲(ぼたいくも)が彼の名前にちなんでオールトの雲と呼ばれているんです。つまりは彗星の母親ということ…なかなかロマンチックでしょ。

oortの社名は星がいつの日も素敵だから…生まれたその日もそうだし何万光年の月日が経っても輝きを失わない、そしていつの時代もロマンに満ち溢れ人々を魅了してやまないことから名付けられたました。そういった仕事がしたいしoortで製作された物や、oortにかかわる人がずっと輝きを放つことができるように。



閲覧数:19回0件のコメント